2013年5月28日火曜日

2013年5月28日 日本語:10歳にもならない子供が窃盗、屋台で食べ過ぎてばれる-中文和訳記事


  例によって百色新聞網より、広西チワン族自治区百色市田陽県那坡鎮で起きた事件。



(以下引用)
   百色新聞網、田陽支局:ほんの数分のうちに、引出しに入れた現金7000元(約116000円)が消えてなくなった。事件が起きたとき、勇さん(仮名)は、一体何がどうなったのかさっぱりわからなかったが、その後犯人が逮捕されたと聞いて駆けつけた彼は、幼い子供4人の犯行であることを知り、ため息をつかずにはいられなかった。


  5148時半、田陽県那坡鎮新民街の診療所に勤める勇さんは早く事務室に着き、仕事を始めようとしていた。そのとき、診療所の会計担当の事務員が部屋に前日の収入7000元を届けに来た。確認後、勇さんはその現金を引出しに入れ、下の階にある検診室へ向かった。数分後、事務室に戻った勇さんは引出しの中にあった7000元がなくなっていることに気づき、急いで診療所内の監視カメラを確認した。しかし、看護師と数名の患者以外に怪しい人間は見当たらず、仕方なく通報することにした。


  通報を受け、田陽の警察当局は捜査を開始した。516日、聞き込み調査によりこの2晩、何人かの10歳にもならない子供が100元札を手に屋台の串焼き屋で毎回数百元にもなる注文をしていることがわかった。着ているものからして、お金持ちの子供というわけでもない。ここから、警察は容疑者の行動に基づいて張り込みを行った。517日夜、数名の容疑者がその屋台で串焼きを購入しているところを逮捕した。派出所で問いただすと、その数名の未成年の容疑者はおとなしく窃盗の事実を認めた。現在、この事件を審理中である。
(引用終わり)

   
  上海で串焼き屋台(烧烤)で食っても数百元買うのってなかなか難しいのに、この子らは一体どれだけ屋台で買ったんだ…もはや買い付けのレベルだろ…



  余談ですが、原文では7000元が「不翼而飛」翼が無いのに飛んでいった、と書いてあって、ううん、中国語まだまだ奥が深いなと思った次第。意味をとることはできても、日本語から翻訳するときにこんな単語が出てくるかといわれれば、まだまだ遠く及ばないです。

0 件のコメント:

コメントを投稿