2013年4月28日日曜日

2013年4月28日 日本語:雲南省内約200軒のカラオケが裁判へ 著作権料支払い拒否で-中文和訳記事

拒交版权费 云南近200家KTV涉侵权官司_云南网

(以下引用)

 楽曲の著作権使用料支払いを拒否したとして、雲南の多くのカラオケアミューズメント施設が権利侵害による裁判という著作権者からの妨害に直面している。雲南省では200軒近いカラオケが著作権侵害に関わっており、不正を取り締まり、全ての著作権保有者の利益を保護し、また知的財産権を保障するために、中国音像著作権集体管理協会(略称:音集協)雲南地方サービスセンターは省内の企業の協力を求め、協力が得られないときには楽曲の削除と損害賠償、さらには著作権料の補償を求めるとした。

多くの企業はすでに著作権使用料を支払い済み

 2012年11月、12月に昆明市中級人民法院はそれぞれ著作権を侵害しているとして、昆明のレジャー関連企業の2支店に音集協の楽曲の一部の使用の停止と、19.7万元(約310万円)の損害賠償を命じた。

  同時に、2支店にはそれらとは別に2部の判決書が渡された。著作権を侵害している楽曲の使用停止と、それぞれ75曲の著作権を管理している北京と重慶にある知的財産権管理会社に7.6万元余り(約120万円)の損害賠償を命じた。

 「もし企業が著作権使用料を支払わなければ、身勝手な著作権侵害はカラオケが制裁を受けるだけでない。歌の削除や、損害賠償に加えて著作権使用料を著作権者に保証しなければならない。」音集協雲南地方サービス機構の担当責任者は語る。

 また、担当責任者は、音集協は2008年関係部門の認可によって設立され、その後各地に地方差0ビスセンターを設置した。2008年から2011年において、企業との協議を進め、協力を求めてきた。現在雲南の多くのカラオケ経営企業は著作権使用料を払っているが、それでもまだ一部の企業は傍観の態度を取っている。2011年から雲南の200軒近くのカラオケが著作権を侵害しているとして、裁判所で係争中であると述べた。

一部屋一日あたり8.2元(約130円)の著作権料

 「もしレコード会社が音集協に加盟すれば、会員として著作権訴訟協会に委託できる。音集協は非営利組織であるが、著作権者の収益保護以外にアミューズメント施設の合法経営を保障し、訴訟を防ぐ義務も有している。」担当責任者は、現在アミューズメント施設と『著作権使用許可とサービス契約書』の締結を進めている。

 昆明市内には300件以上のカラオケがあり、おおよそ6000の個室がある。一部屋一日あたり8.2元(約130円)の著作権料を音集協に支払っている。もしアミューズメント施設が著作権者に起訴された場合、締結した契約書を証拠として、企業が不当にに営業妨害されることを防いでいる。

 「法律は権利を守るひとつの手段であり、それよりも重要なのは企業経営者の意識向上です」明靖法律事務所の呉斌弁護士は、1曲あたり500元(約8000円)が雲南省のカラオケ業の賠償基準となっており、以前は権利侵害の程度によって賠償がなされていたが、現在では年度毎に著作権料を払うように変化していると語る。「これは、開店から裁判まで、アミューズメント施設はこの時間の長さに対して損害賠償しなければならないことを意味している」

  呉斌弁護士は続けて、民事裁判以外にも、海賊版楽曲が500件を超えた場合は違法コピー頒布罪として刑事責任を問われることになります。現在、1曲500元の著作権侵害料は全国基準から見ても低く、訴訟によってカラオケ施設側にも意識変革を促し、著作権料問題を正視させることが出来ます。現在雲南のカラオケ業に警鐘を鳴らしているのも、雲南のカラオケ著作権保護の支持でもあります。

海賊版取り締まり、126万件以上の違法製品を廃棄

 25日、2013年全国著作権侵害海賊版及び違法出版物集中廃棄雲南メイン会場イベントが昆明で行われ、この一年で全省各地から集まった海賊版及び違法出版物126万3110件が廃棄された。うち、違法CD、DVDなどが80万8836枚、違法図書、雑誌、新聞が45万4274冊(部)だった。

 去年より、雲南省では「掃黄打非(ポルノ・違法出版物一掃)」と海賊版取締りの成果が現れている。全省の各行政・警察機関は出版物の販売店舗・屋台を延べ10万軒調査し、6000軒以上の違法屋台を取り締まり、700万冊の海賊版・違法出版物を没収、564件は処罰を行った。そのうち昆明市の公安機関が解決した事案において、海賊版CD、DVDの販売取り締まりキャンペーンで違法経営容疑で立件されたものが1670件、277万枚の海賊版オーディオ製品が没収された。

  今年、雲南省では海賊版出版物取締りキャンペーンでは、ベストセラー、辞書類、教材類の海賊版に重点が置き展開した。海賊版を販売している屋台や無認可の経営者を取り締まり、海賊版のn生産貯蔵拠点の洗い出しを行った。インターネット及び携帯での違法ファイルなども取り締まった。ほかに、雲南省での海賊版押収案件もあった。

 一昨日、昆明でメイン海s条が作られたほか、15都市でもサブ会場が作られ廃棄イベントが開催された。

法規宣伝

雲南知的財産権レベルは全国23、24位

 昨日、雲南省は『4・26世界知的財産権デー』イベントを昆明市佰騰デジタルプラザと文昌巷の2ヵ所で行った。イベント会場では省、市、区のポルノ・違法出版物対策室、文化スポーツ旅行局、著作権局などの多くの部局の職員が市民の知的財産権や著作権登記に関する疑問に答え、また、パンフレットを配布した。

佰騰デジタルプラザ、圓西電子プラザ

取り締まり以降規範的に

 「今回の知的財産権デーイベントでこの2ヵ所を選んだのは、文昌巷では海賊版書籍が比較的多く、佰騰デジタルプラザと圓西電子プラザは全国の『ポルノ・違法出版一掃』キャンペーンにおいても大きな影響力を持っており、以前は悪い印象をもたれる場所だったが、取り締まりがあってからは、2つのプラザともに規範的になりました」五華区文化スポーツ旅行局の責任者は述べた。

 昨日、昆明市文化ラジオテレビスポーツ局(昆明市著作権局)職員はコンピュータソフトウェア著作権登記の助成申請を受理していた。「コンピュータソフトウェア著作権保護のために、昆明市は昨年1月1日に『昆明市コンピュータソフトウェア著作権助成条例』を施行しました。コンピュータソフトウェアの著作権者に、ソフトウェア著作権登記申請時に納付する登記費と証書費として、最高800元(約1万3000円)の助成を行います」このような措置は、成都や昆明などまだいくつかの都市でしか実施されていない。


昨年雲南での発明特許の保有量は1万人当たり0.89件

  雲南省知的財産権局担当者によると、雲南省の知的財産権保護レベルは全国で23、24位に位置し、雲南省の経済発展レベルを鑑みると、イノベーションの方面では発展の余地があるとのこと。

 2012年、全省での特許申請は9260件で、前年比29.51%増加した。特許登録がなされたものは5856件で前年比39.46%増加した。特許保有量は4107件で前年比34.17%増加した。一万人あたりの保有量は0.89件で、前年比24.72%増加した。2008年から2012年の5年間で、全省で特許申請は3万777件、登録が1万8822件あった。

(引用終わり)

こんなレベルの低い訳なのに2時間以上かかった…orz

カラオケの話は要するに、カラオケ店舗が音集協への(短期間の)支払いを盾にして、著作権者への(開店以降の長期間の)支払いを無視しているってこと…なんだろうか?訳した本人が理解できていないorz

一部屋1日あたり8.2元ってのは安いように見えるけど実際どうなんだろうか。以前雲南にいたときは一晩オールで一部屋33元(約530円)のチケットがあったが。中国のカラオケで日本語楽曲の扱いとか酷いのは酷かったな。なぜか韓国の歌手のPVが流れるとか。日本の中国語歌曲も酷いけどw

2 件のコメント:

  1. >カラオケの話は要するに、カラオケ店舗が音集協への(短期間の)支払いを盾にして、著作権者への(開店以降の長期間の)支払いを無視しているってこと…なんだろうか?

    ざっと原文を見ましたが、カラオケ店が単純に使用量を入っていないだけではないかと。JASRAC的な版権管理機関の最大手・音集協への賠償命令プラス、それ以外の管理機構2つにもお金を払わなくてはならない、と。

    「“如果场所不缴纳歌曲的版权使用费,肆意侵权不仅KTV要受到制裁,删歌、赔款后仍需要补交版权使用费给版权所有人。”」の部分。

    いろいろ解釈できてしまいそうな文章ですが、賠償金支払って終わりやなくて、今後も版権料払わなあかんという意味でしょうか。

    返信削除
  2. >chinanewsさん

    >いろいろ解釈できてしまいそうな文章ですが、賠償金支払って終わりやなくて、今後も版権料払わなあかんという意味でしょうか。

    そうですね。今までの分を払って、その上で著作権料を払うと言うことでしょうね…

    その次の、

     昆明市共有300多家KTV,约有近6000个包房,每个包房每天只需交纳8.2元版权费给音集协。若娱乐场所被版权人起诉,签署的服务合同就是有效证据,避免企业遭到不法侵害。

    の部分を読んでちょっと混乱したんですよね…音集協にお金を払えば問題にあわないようにしてくれる…と言う風に解釈してしまったのでorz

    返信削除