2013年5月12日日曜日

2013年5月12日 日本語:犬が轢かれたので村民駆り出して道路封鎖-中文和訳記事


ソース:小狗被碾死 主人封路索赔获-百色新闻网201351010491秒)

(以下引用)
  百色新聞網徳保:広西チワン族自治州百色市徳保県に住む男性が、飼い犬をトラックに轢かれたことを理由に、損害賠償の増額を求め村民を動員して道路を6時間封鎖し、交通を阻害し悪影響を与えたとして、59日、徳保県人民法院(裁判所)の公開審判が行われ、被告の覃(たん)さんは恐喝の罪により、執行猶予1年、懲役8ヶ月の判決が下された。
   審理で明らかになった所によると、201291212時ごろ、徳保県馬隘鎮のとある集落で被告人の覃さんの家で飼っていた犬が物流会社職員の馮さんが運転するトラックに轢かれた。覃さんは相手方に対し損害賠償として3000元(約49600円)を要求したが、合意に至らなかった。覃さんは集落の住民20数名を集め、事件現場を取り囲み、石やバイクを置き、その道路を通過する100台を超える車両を6時間にわたり停車させた。物流会社の更なる損失を防ごうと、運転手の馮さんは3000元の損害賠償を覃さんに支払い、通行を回復させた。20121012日、覃さんは自主的に徳保県公安局に赴き3000元を返還した。

  裁判所は、被告人の覃さんは違法占有が目的での恐喝で、また金額も大きく、恐喝罪の構成要件を満たしているとした。被告人は既に被害者に損害損失分を賠償しており、反省の態度を示しているので、情状酌量の余地があるとして、裁判所は以上の判決を下した。
(引用終わり)

  巻き込まれた車両が一番かわいそう…田舎で6時間の渋滞に巻き込まれるとか…

0 件のコメント:

コメントを投稿