2010年12月31日金曜日

2010年12月31日 日本語:2010年、今年の総括。

 みなさんお久しぶりです。今日の昼、広東旅行から帰ってきました。なかなかいい旅が出来たと思っています。

「しないよりはまし」という水準での大掃除、というより片づけもひと段落したので、ここらで今年の総括を書いてみようかな、と。

まず思うのは、今年は「入力」よりも「出力」が多い年だった、という事。勿論留学前の九大での授業も复旦での留学生活も不真面目ながらそれなりにやりましたが、読書数が目に見えてかなり減った気がします。高校のころはほぼ毎日図書室に入り浸っていたので毎日何かしら読んでいたのですが、大学入学以降は図書館へ行く機会も少なくなってしまって結果読書冊数も激減してしまいました。留学以降はこちらに持ってきた本もかなり少なくなったのでますます減ったように思います。

一方、「出力」はTwitterを使い始めた事もあってかなり多くなりました。Twitterは双方向の媒体ではあるけれども、やはり出力中心であると思います。自分の考えだったり、ふと思いついたことだったり、いろんな事を投稿しました。このブログも今年は週一回のペースで更新しました。日本語以外の言語での記事も時たま書き、その言語の話者に見てもらって添削をしてもらうなど、自分なりの使い方で楽しめたと思います。

言語というのはやはり入力も大事だけれど出力によって鍛えられると思います。とはいえ、自分が学んでいる言語の話者と話す機会を容易に得られるか、というとなかなかそうでもないのが実情で、この点に関してはインターネットはかなり優位に立つ道具だと思います。

ただ、出力ばかりというのもできないもので、その前に入力していかないといけません。今年はその入力をあまり出来なかったので、来年はもっと入力していって自分の中で噛み砕いて理解していきたいです。知識が0であるところを減らしていく、といったほうが自分の考えに近いです。とりあえず空白になっている部分を埋めていく。何かピースがあればそこからまた新しい情報を手に入れる事もできますから。

今年を二分するならやはり「留学前」と「留学後」になるでしょう。といいつつも、自分の中では住んでいるところが福岡から上海に変わっただけというような気もしています。環境の変化は大きいけれども、自分の中ではなんとなくそれを吸収してしまっているのかもしれません。また、期せずして福岡でも上海でも一人暮らしということになったのが環境の変化を感じにくくしているのかもしれません。

そういえば今年は物をなくしたり壊したりすられたりというのが多い年でした。来年はもっとものを大事に扱っていきます。お金は大事ですからね。

来年は、決めないといけない事が山のようにあります。そのまま帰国すれば3年次の後期、ということで卒論や卒業後の進路も視野に入れないといけないです。 

今年の総括はざっとこんな感じです。どうにかこうにか無事に一年を過ごす事が出来ました。来年もまたいい年になればいいな、と思います。

2010年12月22日水曜日

2010年12月22日 日本語:長崎での平和教育・平和運動についての雑感(二)

※この記事は2010年12月6日 日本語:長崎での平和教育・平和運動についての雑感(一)の続きです。
 
 前回は平和教育についての雑感を書いた。今回は平和運動に焦点を当ててみようと思う。前回も書いたとおり、建設的な意見を出せないでいることは了承していただきたい。
 
 「平和運動」と言えば、デモ行進や署名運動などの如何にも「行動」という感じのものもあれば、会議や集会など意見の集約、交換に重点を置いたものもある。長崎にいる間、僕も何度か平和運動に参加してきた。「原爆犠牲者慰霊・世界平和祈念市民大行進(以下、市民大行進)」というデモ行進や「高校生一万人署名運動」、「核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ(以下、地球市民集会)」等に参加した。高校生一万人署名運動参加者のために断っておくと、僕は高校3年の時期に少し参加しただけなので、詳しく知っているわけではない。ところどころに誤って認識しているところがあるかもしれない。


  上記の活動に関連するリンクを張っておいたので、知らない方は先に読まれてください。
  

     長崎市|平和原爆平和への取り組み|市民大行進



  高校生一万人署名運動
  

     第4回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ




 これら平和運動の持つ問題点をこれから考えていこうと思う。


 まず第一に、「認知度」について。先ほど述べた3つの運動のうち「市民大行進」と「地球市民集会」は長崎市が主催またはその一部となっている運動である。しかしながら、長崎市民のどのくらいの人間がこの運動を知っているだろうか。ましてや日本国民から見たこれらの運動の認知度はかなり低いと思う。
 以前の記憶でいえば、地球市民集会は本格的な討論が行われているようだ。地球市民集会は一般の人も参加できる部分があるが、比較的詳しい人、例えば学者やNGO活動家などが参加しているような集会なので単なる認知度とは切り離して考えていいかもしれない。
 市民大行進についてはどうか。示威活動というのは大概にして他に認知されなければ意味をなさないものだ。それなのに実際の認知度というのは、少なくとも僕の印象では低い。平和に関心がある人であっても、市の広報紙を見逃せば実際いつあるのかわかりにくいし、開催後も市広報、地元紙または全国紙の地元面を見なければ活動もよくわからないのではないかと思う。
 高校生一万人署名についても同じような事が言える。高校生一万人署名は少なくとも長崎県内のメディアは動向について細かく報道しているように感じる。しかしながらそれであっても長崎市内でさえこの活動を知らない人がいる。僕は小学中学の時点でもうこの活動が始まっていて、夕方にテレビでニュースを見れば時々取り上げられているし、活動の是非は別としても、長崎市民なら大体知っていると思っていた。しかし、僕が高校になって活動に参加していたころ、近所の人と話していると、その方がこの活動の事を知らないということがわかり、大変な衝撃を受けた。
 その運動の是非を肯定するにしても否定するにしても、まずは認知度がなければ始まらない。その事を無視して内輪だけで活動するのはただの自己満足ではないか。


 今回も長くなってしまったのでここでいったん切ります。次回更新の日程は決めていませんが、おそらく年を越すと思います。皆さんよいお年を。

2010年12月12日日曜日

2010年12月12日 Español: Las cocinas japonesas en Shanghai.

 ¡Hola! El invierno vine en Shanghai.

 Hoy escribé de "las cocinas japonesas en Shanghai".

 Los ciudadanos Shanghai gustan ellas. Los gustan Sushi especialmente. Deduzco de carta japonés, casi todo sushi restaurante no japoneses sino chinos dirigen. 

 Las cocinas japonesas significan no sólo las cocinas que originan en Japon sino también las maneras japnesas. Tambian Ramen (fideos chinos) y Curry tienen las maneras japonesas. Ramen significa la japonesa. La china llaman "Lamian". Uno restaurante japones de ramen extender las tiendas en China. Los llaman "Ajisenramen" en japon. Chinos los llaman "Weiqianlamian" en la manera china. Shanghai tiene los Curry restaurantes japonesos que llamo "Coco-Ichiban'ya". El ambiente de la tienda es como en japon. 

 "Famiresu" y "Izakaya" es en Shanghai también. "Famiresu" es uno tipo del restaurante ligero de japon. Los "Famiresu" que llaman "Saizeriya" es en Shanghai. "Izakaya" significan Bar de la manera japonesa. "Watami" es "Izakaya", más grande de japon. También él es en Shanghai.

 Ahora más que 40.000 japoneses vive en Shanghai. Y los ciudadanos Shanghai es los más ricos de China. Deduzco, Shanghai tienen margen que los restaurantes Japoneses multiplican.

2010年12月11日 汉语普通话:留学生学什么

 看汉语普通话记事的大家,好久不见。 我查了在这个博客上什么时候写普通话记事,我发现9月11号以后没写普通话的记事。哦哦,很久没写。

 我今天介绍我在复旦学什么。即使你知道留学生的存在,也可能不知道他们在学校里学什么。

 我现在读复旦大学汉语进修班。一般来说,留学生愿意读书或者不达为本科必需的汉语能力的话,就要读语言进修班。

 复旦大学有很多留学生,所以汉语进修班也很多。每个班有20-30个学生,一共有30左右个班。

 最容易的是A班,I班的水平最高。还有中国经济班这样的比I班水平高而且学专门的。

 我这个学期在G2班读书。我是交换留学生,本来要为本科生读书。不过我的汉语水平还低,还要学习汉语。

 我介绍我上课的安排:
        


星期一
星期二
星期三
星期四
星期五
1
8:00-8:45

口语

口语

2
8:55-9:40
3
9:55-10:40
精读
精读
精读
精读
4
10:50-11:35

11:35-12:35
午休 
5
12:35-13:20
听力

写作

听力
6
13:30-14:15
7
14:25-15:10
日汉翻译
泛读
上海话
基础

8
15:20-16:05
9
16:20-17:05




 精读、听力、口语、写作、泛读课是G2班的既定安排。日汉翻译课和上海话基础课被叫选修课,我自己选的课。我上的选修课学生比较少。

 在日本读大学的时候,第一节课就是从8点40分开始的。所以我觉得我们班造上课开始得太快了。虽然是这样,可我们可以天没暗下课。

 这些课之中,我认为日汉翻译课最好。老师讲解日语和汉语的差异。我说的汉语受我的母语的感觉。老师讲说的很易懂。

 为了读本科,我们要汉语水平考试(HSK)旧6级及格。我现在有旧5级。上个月考了HSK。我等待结果来。

2010年12月8日水曜日

2010年12月7日 ΕΛΛΕΝΙΚΗ, Βιοω ποτανι.

ο αητης το ριγος.

το χειμα ικανει τη.

ειμι τω δομω.

2010年12月6日月曜日

2010年12月6日 日本語:長崎での平和教育・平和運動についての雑感(一)

  始めに、建設的な意見ではないという事を言っておく。飽くまで個人的雑感である。否定的な意見も多い。僕は、少なくとも現時点では教育に携わる立場にはいないので、教育関係者から見れば適当な事を言っているように見えるかもしれない。

  僕は小学校で平和委員会に所属、中学校で平和人権推進委員会委員長に就任し、高校には平和委員会がなかったものの、地球市民集会ナガサキに高校代表として参加したり、高校生一万人署名運動に一時期参加するなどした経験がある。そのうえで自分なりに考え、思った事をこれから書き記してみようと思う。

  長崎県は県都が被爆都市である経緯から、原爆被害に関する平和教育に関しては熱心で、僕の知る限りは小中高全ての学校で毎年8月9日を登校日に設定して平和集会が開かれるし、「総合」の時間のテーマとしても原爆・平和問題が取り上げられることも多い。ただ、長崎での平和教育にいくつか問題点が含まれているのではないかと思う。

  まずはじめに、生徒の関心の問題がある。自分の経験した平和集会では体育館で被爆者による体験講話を聞いて、教室で感想を書くというような流れを毎年繰り返すだけで、生徒の側も勿論ちゃんと聞いている生徒もいるが、寝ている生徒もいるし、話を聞かなくとも「原爆は恐ろしい、平和は大切だ」という事を書けば家に帰れるのだから、暑い中まじめに聞くのがいやだ、という生徒も多かった。中学時代には委員会で教師主導で劇をやった事もあるが、いまになって考えてみると、委員会として参加したものは「劇」の練習をしただけで、原爆についての新しい事実を知ったり何かを学んだりしたわけではなく、見ている側にとっても、講話の内容が劇に変わった、程度にしかとられなかったのではないか。

  次に、「原爆」という被害の部分のみを伝える、ということに関する問題である。これは去年大学で履修した授業とも関係があるのだけれど、簡単に言うと、「平和で何事も無いようなある日の長崎」に原爆は落ちたのか、ということを全く触れることなく平和教育が進んでしまっているということである。「被害者としての長崎」を見つめる事は多いのだけれど、「加害者としての長崎」を見る事は殊の外少ない。

  最後に、平和教育での「長崎原爆」以外の問題に関する教育の不足である。長崎が「平和の街」としてみられる原点はやはり原爆である。原爆を除けば、三菱の企業城下町として成り立ってきた歴史があるわけだし、原爆の被害を伝えることが平和の街としての名を保ち続ける事だというのはあるのかもしれない。とはいえ、「長崎原爆」以外の平和教育はそれに対して比較的消極的なのではないかという気がする。限られた時間の中で原爆問題にある程度時間を割く以上、そうなってしまうのもどうしようもないのかもしれない。平和を構成するものは原爆だけではない。広島の原爆や、他都市での被害、連合国側や枢軸国他国での戦禍に関する事や、他の戦争についても知るべき事がたくさんあるし、同和問題や障害者の人権もあれば、国際理解なども国際観光都市になるつもりがあるのなら、尚更知らなければならない事ではないか。

  思いのほか長くなってしまったので、以降をまた後日に書くことにする。

2010年12月6日 Bahasa Indonesia: Saya mau berjalan-jalan.

Selamat datang di blog saya.Saya tidak menulis artkel bahasa indonesia enam bulan.

Saya suka berjalan-jalan. Saya memperkenalkan dua kota yang saya pernah berejalan-jalan.

#1 Chichijima, Jepang

Sepuluh tahun yang lalu, Saya dan keluarga saya ke Chichijima. Chichijima ada di Samdra Pasifik. Chichijima pulau kecil. Tidak ada kota besar. Kami dengan kapal laut satu hari ke situ. Laut dan langit indah sekali. Siang kita bisa berenang di laut. Malam kita bisa melihat bintang-bintang.

#2 Hirosaki, Jepang
Hirosaki ada di Jepang utara. Saya ke Hirosaki musim dingin. Musim dingin turun salju di Hirosaki. Saya pertama kali melihat "dunia putih". Satu istana tua ada di Hirosaki.

Dua kota pemandangannya bagus sekali.

2010年12月1日水曜日

2010年12月1日 日本語:ジョーク2つ。

*下の話は共にジョークです。もし「ブラック」ジョークが好きでないならば、ミルクと砂糖を用意するか、見ずにはなれてください。
*かなりの固定観念が含まれています。
*この記事はひとつ前の2010年12月1日 Esperanto:Dua blagoj の日本語訳です。

-----

ある人が何かをしようとお偉いさんに頼みに行く。すると質問してくる。

アメリカでは、「あなたの肌の色は何色かな?」
中国では、「お前は都市戸籍かそれとも農村戸籍か?」
北朝鮮では、「ドルは持ってるんだろうな?」
日本では、「血液型何型なの?」

-----

あるアメリカ人が日本人に言った。「何で鯨を食べるんだ?とっても賢いのに!」
日本人は「その通りですね!これからは愚かなものを食べましょう」
その晩、アメリカ人は失踪した。

ある日本人が韓国人に言った。「何で犬を食べるんだ?とっても可愛いのに!」
韓国人は「その通りですね!これからは醜いものを食べましょう」
その晩、日本人は失踪した。

ある韓国人がイギリス人に言った。「何でイギリス料理を食べるんだ?とってもまずいのに!」
イギリス人は「その通りですね!これからはおいしいものを食べましょう」
その晩、韓国人は失踪した。

あるイギリス人がアメリカ人に言った。「何でアメリカの料理を食べるんだ?とっても不健康なのに!」
アメリカ人は「その通りですね!これからは健康にいいものを食べましょう」
その晩、イギリス人は失踪した。

-----------

ブログにコメントください!(これはジョークではありません)

2010年12月1日 Esperanto:Dua blagoj

*Jenaj rakontoj estas blagoj. Se vi malamas "nigra"-n humoron, vi devas prepari lakton kaj sukeron aux foriri senlege.
*Gxi enhavas multajn fiksajn ideojn.

-----

Iu petis al mastro por voli fari ion. Do la mastro demandis al li.

En Usono: "Kian hauxtokoloron vi havis?"
En Cxinio: "Via stato estas urba aux provinca?"
En Nord-Koreio: "Cxu vi havas Usonan dolaron?"
En Japanio: "Kio estas via sangogrupo?"

-----

Una usonanon diris al una japanio, "Kial vi mangxas balenojn? Ili estas tre sagxaj!"
Li respondis tion, "Mi pensas trafe. Do ni mangxos malsagxan ion."
Tiu nokte, la usono malaperis.

Una japanion diris al una koreo, "Kial vi mangxas hundojn? Ili estas tre amindaj!"
Li respondis tion, "Mi pensas trafe. Do ni mangxos malamindan ion."
Tiu nokte, la japanio malaperis.

Una korean diris al una anglo, "Kial vi mangxas Anglajn kuirajxojn? Ili estas tre malbongustaj!"
Li respondis tion, "Mi pensas trafe. Do ni mangxos bongustan ion."
Tiu nokte, la koreo malaperis.

Una anglo diris al una usono, "Kial vi mangxas usonajn kuirajxojn? Ili estas tre malsanigaj!"
Li respondis tion, "Mi pensas trafe. Do ni mangxos sanigan ion."
Tiu nokte, la anglo malaperis.

-----------

Bonvolu opinii al mia blogo! (Gxi ne estas blago.)