2009年12月31日木曜日

2009年12月31日

今回の言語:日本語、Esperanto, 汉语普通话

日本語:「今年の総括、トラックバックしてみた」

 さて、このブログを書き始めた時点で2009年は残り9時間35分になりました。今年の総括をします。時系列で書いていったほうがよさそうなのでそうします。まず、1-3月。受験は終わっていたけど、学校の指示もあってセンターの勉強とかしていました。日商簿記3級と中国語検定2級の勉強もして、簿記は受かったけど中検は落ちてしまった。2級の壁高すぎ…1月には一人暮らしのための家を見に行って、その時にはもうギリギリでした。2月は九大2次の勉強していました。受けないのに。3月は高校には卒業式ぐらいしか行かなかったんじゃないかな。4月には引っ越し。サークルの新歓もそんなに参加しなかったな…5月はGWに人生初バイト。先輩の紹介でした。時給はいいとはいえなかったですが、とてもいい経験になりました。6月…って何したっけ?記憶にない…あ、課題提示科目の医療倫理についての授業は面白かったです。7月は前期の期末試験。8月は韓国慶北大学サマースクール!慶北大のBuddyも日本の方々も面白い人ばかりで、とても楽しい経験でした。みんななにしてるんだろ。ソウルも釜山も楽しかった。で、韓国から帰ってきて、一回帰省してから、集中講義「マレーシアの言語と文化」、マレーシア語面白いな。民族衣装も着た。その次の週は集中講義「速修エスペラントI」。エスペラントの授業を受けられるなんて夢のようでした。そしてその2週間の授業のために九大学研都市-箱崎九大前の定期券1万数千円を買う必要があった、ということは、秘密です。9月は中国逃亡。大連は乗り継ぎだけだったけど洋風の雰囲気が面白かった。北京は、宿泊したユースホステルがよかった。国慶節のリハーサルもなかなか見れないものだろうし、それも見れてよかった。上海は外灘滞在はほんの少しで、飲んだくれカナダ人野郎が同じ部屋で暴れたせいで宿泊先を変えた少し外れのユースホステルがおしゃれでよかった。あと長江もよかった。その近くの抗()戦(争)祈念館も貴重な体験ができた。あと杭州の中国人ガイドの説明をしてくれた雲南からきた同い年の人とも会えて楽しかった。雲南行ってみたいな。上海-広州間の電車の中で話をした老夫婦も、今から大学に行くといっていた女学生のひとも、面白かったなぁ。珠海・深センは調えましたという環境。日本に近いかも。マカオのポルトガル語は今年で一番萌えた言語でした。言語オタクとしては。広州のホステルで同じ部屋に泊まっていた日本のかたと連絡先も何も交換してなくて残念。そして帰国。帰国後は兵庫の佐用町に前期の天文学概論の学生で西はりま天文台にいった。流れ星とか星のすごさ、そして皮肉にも街の明かりがどれだけそれらを見えないようにしているのか、というのを実感するいい機会だった。10月、後期開始。新しい言語に挑戦するいい機会。後期新開講の言語があったのがよかった。オランダ語とか、今回を逃したらチャンス少ないだろうし。そしてヤフー中国がブログサービス停止。残念。11月、確かHSKが。意外と人多かったのが印象に残っている。結果まだ来ないな…12月、ヨーロッパ行こうと計画、そして中止。チェコ語に興味を持ってしまうとチェコに行くしかないとか考えて範囲広めすぎた…でも、いつかは…そして、帰省。

 Fukchangさんのブログにトラックバックしてみました。できるのかな…

Fukchangさんからの引用

・初めての寝台車
中国で始めて汽車に乗りました
3段重ねのベッドで天井まで60センチくらいしかないよ
18:00から12:00くらいまでかかった

・広東語
ここまで標準語が使われていないのは初めてだ・・・
食事をしようと思ったら店員さんが広東語で話しかけてきて、
コンビニの店員も値段は広東語で読んでました
街中ではみんな広東語
上海との違いは知らない人にも方言を使おうとすること
まあ標準語を聞き取ってもらえるだけまし
テレビに広東語チャンネルがあります

あわてて電子辞書の広東語を使いました
どうりで広東語の辞書だけ詳しいわけだ。

 寝台車、あの一番上は確かに狭い。下も狭いけど。体起こせないもんなぁ…

 広東語、やっぱり勉強しておきたいなぁ、あの響きは面白い。外地人で外国人だと生活するの大変。でも、テレビの字幕についてはぜひ日本も見習ってほしいなぁ。

 辞書は基本紙だからさらに大変。というより電子辞書に出てくれない言語多すぎ…

Esperanto: “Resti en mia patrujo domo.”

Mi restas en Nagasako. Nagasako estas mia patrujo. Hodiaŭ en Nagasako neĝas. En 2010, Nagasako havos la 97-a Japana Esperanto-kongreso. Mi volas iri, sed mi ne pavos iri. Ĉar mi iros al Ĉino.

汉语普通话:“这个年去的地方和明年想去的地方”

这个年我去了很多地方。明年也打算去多地方。我想介绍这些地方。但是只中国而已。这个年去的地方是:大连,北京,上海,杭州,广州,珠海,深圳,澳门。大连,我住了2个时间为了转机。北京,第一天的三轮车骗了我。。。我很遗憾。。。北平国际青年旅舍非常好。我想再住几天。上海,第一天我住的地方有几个加拿大人,他们醉酒醉得很孬。第二天以后住的“上海旅途”很漂亮,很美丽的酒店。杭州,跟云南的学生聊天得很有意思。广州,听说日本人来很多。珠海,南方很热,我想游泳。。。深圳,很想住生活。澳门,我喜欢哪个复数语言混在的空气。明年想去的地方,大连,丹东,上海,乌鲁木齐,云南,贵州///我说不了。。。哈哈

 明年见!


編集後記:英語の分類どうにかしないとなぁ…今年のブログはまだまだ加速しきれていませんが、来年はもっとでかくしますよ!!言語の種類としても、内容も。来年もよろしくお願いします!!

作成時間2時間半

1 件のコメント:

  1. トラックバックありがとう
    言語に萌えるという感覚がすごいよ
    広東語もきっと楽勝
    ///のあたりで西のほうの某自治区が読み取れる…。
    今年もよろしく

    返信削除